求人情報を調べる時のポイント

求人情報を調べる時のポイント

求人情報の見方の流れ

求人情報の見方の流れとしてはまず希望する業種や職種、また希望する業種などがない場合には、勤務地などから求人情報を検索します。それから自分の希望に合う条件のある企業かどうか、募集職種や業務について、また必要な資格があるのか、スキルがあるのかなどを細かく確認します。

自分がその募集に当てはまる人材という事なら、待遇や条件について細かく見ていきます。雇用形態は正社員なのか契約社員なのか、それともアルバイトから始まるのか確認します。給与は月給なのか歩合なのか年俸なのか、勤務時間はフレックスタイム制などがあるのか、その他、通勤費、時間外勤務手当なども確認します。

休日についてはいつが休日となるのか、工場などの場合には年末にも動いている場合があるので、年末年始の休暇があるかどうか、また年間休日数等についても求人情報から確認できるようなら確認します。

スポーツなどの福利厚生施設が整っている企業も多くなっていますし、女性の雇用の場合には、育児休暇、また企業内保育所の有無なども確認しておく方が、将来結婚されてお子さんが生まれた時等、雇用を継続してもらえるかどうかのポイントになります。

こうしたことに関して面接の前に聞いておきたいことがあるようなら、必要に応じて担当課に問い合わせなどを行い面接に備えるようにしましょう。